そうだ 長岡京市へ、行こう。

長岡京の面白い記事を作成中です。お楽しみに・・・。

長岡京市:地名・由来

歴史資料展示コーナー

歴史資料展示コーナー 長岡京市立図書館1階入口では、地域に関する歴史資料を展示し、私たちのまちの 歴史を紹介しています。 ■テーマ:第58回展示「江戸時代の山と村」 ■内容:江戸時代、「山」は現代とは異なる特別な価値や意味を持っていました。 薪や…

長岡京市 その2

■面積:19.18㌔平方メートル ■総人口:80,171人(推計人口、2013年11月1日) ■人口密度:4,180人/㌔平方メートル ■隣接自治体:京都市、向日市、乙訓郡大山崎町、大阪府三島郡島本町 ■市の木:モミジ ■市の花:キリシマツツジ ■市の…

長岡京市 その1

長岡京市 その1 市名は長岡京にちなみ、長岡京の南部と一部市域が重なる。 隣接する向日市、大山崎町とともにタケノコの産地として著名。 花菜(食用の菜の花)の産地でもある。市制施行前は乙訓郡に属し、 市内に古寺乙訓寺がある。 大きく東部、中部、西…

海印寺(かいいんじ)

海印寺(かいいんじ) 海印寺(かいいんじ)は、長岡京市にあった寺院です。 一説にモウソウチクが初めて伝わった場所とも言われています。 9世紀始めに道雄によって創建されました。 かつては国家・皇室の庇護を受けて栄え、周辺の村々を海印寺領とした 時期…