そうだ 長岡京市へ、行こう。

長岡京の面白い記事を作成中です。お楽しみに・・・。

お父さんと一緒に楽しむ うた・ことば遊び

2才から就学前のお子さんとお父さんを対象とした、“わらべうた”を歌ったり、ことば遊びを楽しんだりする講座です。

赤ちゃんが胎内で感じていた拍動と同じ2拍子の“わらべうた”に触れて、ゆっくりとした時間を過ごしませんか。

普段は仕事が忙しくて子どもと遊ぶ時間が取れないお父さん、ぜひ気楽な気持ちでご参加ください。

日時

平成30年3月25日(日曜日)午前10時~11時30分

場所

長岡京市立中央公民館 2階 和室

対象

市内在住の2才から就学前までの子どもとお父さん(おじいちゃんとの参加も可能です)

定員

先着順で10組

内容

親子でふれあいながら、ゆっくりとしたリズムの“わらべうた”を歌ったり、身近なことばを使って遊んだりします

講師

元小学校教員の北川憲一さん、元保育士の北川幸子さん

申込

平成30年3月1日(木曜日)午前10時から電話、窓口で受付開始

託児

先着5名まで(6ヶ月~2才前)。※託児は3月17日(土曜日)までに申込要

チラシをご覧ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合せ

長岡京市教育部中央公民館総務係

電話: 075-951-1278 ファクス: 075-955-4774

お問い合せフォーム


【募集】中央公民館 幼児家庭教育学級いべんと講座「お父さんと一緒に楽しむ うた・ことば遊び」への別ルート

「小塩記念日」

今週(3月2日)の長岡京市の歴史「小塩記念日」

小塩荘が広がっていた乙訓地域の航空写真

かつて小塩荘が広がっていた乙訓地域の航空写真(写真右手に伸びるのが桂川

時は南北朝時代
 長岡京市を含む乙訓一帯には小塩荘(おしおのしょう)という、随心院が管理する荘園が広がっていました。ところが、領主の光明峯寺は、責任者の随心院を無視し、武士と結託して好き放題。困ったのは本家本元の九条家。全力でその暴挙を取り締まりにいきます。そして今から515年前の文亀3年3月2日・・・
 「いやー、それにしても、あの光明峯寺の騒動は大変やったわ。このことは忘れんようにバッチリ記録しときますわ。これからも小塩荘は随心院が中心でがんばってや。何かあったらすぐ言うんやで。これからも頼むで。」(随心院文書の口語訳)
 と九条家が言ってくれたから、3月2日は小塩記念日。