そうだ 長岡京市へ、行こう。

長岡京の面白い記事を作成中です。お楽しみに・・・。

「小塩記念日」

今週(3月2日)の長岡京市の歴史「小塩記念日」

小塩荘が広がっていた乙訓地域の航空写真

かつて小塩荘が広がっていた乙訓地域の航空写真(写真右手に伸びるのが桂川

時は南北朝時代
 長岡京市を含む乙訓一帯には小塩荘(おしおのしょう)という、随心院が管理する荘園が広がっていました。ところが、領主の光明峯寺は、責任者の随心院を無視し、武士と結託して好き放題。困ったのは本家本元の九条家。全力でその暴挙を取り締まりにいきます。そして今から515年前の文亀3年3月2日・・・
 「いやー、それにしても、あの光明峯寺の騒動は大変やったわ。このことは忘れんようにバッチリ記録しときますわ。これからも小塩荘は随心院が中心でがんばってや。何かあったらすぐ言うんやで。これからも頼むで。」(随心院文書の口語訳)
 と九条家が言ってくれたから、3月2日は小塩記念日。