そうだ 長岡京市へ、行こう。

長岡京の面白い記事を作成中です。お楽しみに・・・。

この時期の蚊・ダニに注意

ワイルドなあなた、蚊・ダニから狙われてますよ。

[2017年7月21日]
蚊・ダニ媒介感染症対策啓発ポスター

蚊やダニに咬まれると、それらが媒介する
下記のような病気を発症することがあります。

蚊・ダニの活動が盛んになる春から秋にかけて、
キャンプ、ハイキング、農作業など屋外で活動する時は、
肌の露出を少なくしたり、虫除け剤を使用し、
蚊やダニに咬まれないよう注意しましょう。

蚊・ダニが媒介する感染症

蚊が媒介

ダニが媒介

重症熱性血小板減少症候群SFTS)、ダニ媒介脳炎日本紅斑熱、ツツガムシ病、ライム病など

蚊・ダニに咬まれないポイント

蚊・ダニ共通対策

  • 肌の露出を少なくする
    ・長袖・長ズボンを着用する ※熱中症にも注意しましょう
    ・足を完全に覆う靴を履く(サンダルなどは避ける)
  • 明るい色の服を着る(マダニを目視で確認しやすい)
  • 虫除け剤を使用する

ダニ対策

  • 帽子・手袋を着用し、首にタオルを巻くなど
  • シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる

※野外活動後は入浴し、ダニに咬まれていないか確認しましょう。
 特に、首、耳、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏などに注意しましょう。

その他にできること

蚊の発生を抑える

  • 不要な水たまりをなくす
    例:屋外に置かれた植木鉢の受け皿、放置された空き缶やペットボトル、野積みされた古タイヤなど
  • 詰まった排水溝などを清掃する
    ヒトスジシマカは、小さな水たまりを好んで産卵します。
    日本に広く生息するヒトスジシマカデング熱、ジカウイルス感染症チクングニア熱などを媒介します。

海外で蚊に刺されたとき

蚊に刺されて体調を崩した場合、医療機関を受診し、渡航歴と蚊に刺されたことを伝えましょう。

ダニに咬まれたとき

無理に引き抜こうとせず、皮膚科などの医療機関で処置(ダニの除去、洗浄など)をしてもらいましょう。

ダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱などの症状が認めらえた場合は医療機関で受診しましょう。

受診時に医師に伝えること

  1. 野外活動の日付け
  2. 場所
  3. 発症前の行動

マダニの大きさ

吸血前は約0.5cmですが、吸血後は約1.5cmに膨らみます。

厚生労働省のホームページも参考に

お問い合せ

長岡京市健康福祉部健康医療推進室保健活動担当

電話: 075-955-9704 ファクス: 075-955-2054

お問い合せフォーム


ワイルドなあなた、蚊・ダニから狙われてますよ。への別ルート